近田メモ...φ(..)

Sep 1
“同じ画像を「あ、これ前にreblogしたな…」とreblogしない者は覚悟が足りない” (via hkdmz)

(via kiri2)


“端的にいえば、人は、「単に聞き流して欲しいこと」 をしばしば言いたいのであり、それを聞いてくれる相手として、真剣な、意味のある対話に持ち込むのではなく、「あいづちを打つけれど、実は真剣には聞いていない」相手を必要としているということです。”

なぜ人はツイッターにはまるのか? :: INSIGHT NOW! (via gkojax)
2007-06-27 (via gkojay) (via gkojax) (via 208209) (via uessai-text) (via nemoi) (via natsumix) (via tsuda)

IRCにはまった身としては非常に良くわかる。いつでもどんな話題でも雑談が出来る場っていうのはとても居心地がいい。反面、すごく時間を無駄に過ごすことにもなりかねないけど。

(via yoosee) (via sag) (via plasticdreams) (via igaos) (via uessai-text)

(via netinago99) (via uowou) (via sytoh, otsune) (via ak47) (via taskforce2008) (via macccya)

“大事なことは、思い込まないことだと思う。友達が大事だ、と思い込まないこと。でも、孤独が最高だ、とも思い込まない。当然だと思われるもの、慣れ親しんだもの、これだと決めたもの、をいつも疑って、またその疑うことも疑う。それくらいにしていてちょうど良いくらい、人間というのは思い込みが激しい。思い込んで、考えることをやめようとする。考えるというのは、自分との対話だから、結局は自分と口をきかなくなっていくのだ。もっと話を聞いてやってはどうだろうか。” MORI LOG ACADEMY - 自分との対話を (via soph) (via pinto) (via msnr) (via proto-jp)
2008-12-24 (via gkojay) (via konishiroku) (via dannnao) (via snowlight) (via yuco) (via yaruo) (via naoquixote) (via flood) (via handa) (via ssbt) (via sayeah) (via ninamo44) (via quote-over100notes-jp) (via unfixed-point) (via okazbb) (via hayakasa) (via okazbb) (via renafuka) (via chord00) (via kobazo) (via layer13) (via sixty-b) (via natu-rou) (via usaginobike) (via usaginobike) (via yuko1012) (via shortcutss) (via yellowblog) (via nikukyu03) (via hoimi) (via sadjoh)

“話しかけられたときにうっとおしそうにしないことであったり、聞き返すときに詰めるような物言いをしないことであったり、相手が聞きたいことではなく自分の喋りたいことを喋るような愚行を犯さなかったり。” コミュニケーションコストがかかる人は相手にされない | サイボウズ式 (via 774)

(via 774)


“なんというか、日本人は生み出した価値に対して、ではなく提供した労働・物に対して報酬を払うべきだと考えている人が多いんじゃないかな、と思う今日この頃。”

odz buffer - 報酬に対する考え (via torasshu) (via iro) (via tsuyoshi) (via neodenjin) (via kuriz) (via miyamya) (via notebook) (via nemoi) (via proto-jp) (via yaruo) (via kjtkuc) (via uessai-text, buribunken)
2009-08-01 (via gkojay) (via takaakik) (via sett4) (via 8739masaya, 8739masaya) (via yasaiitame, yasaiitame) (via gkojax, gkojax) (via hsmt, hsmt)

請負と雇用の区別がないのじぇす。

(via hellisinyourbrain, hellisinyourbrain) (via yellowblog, yellowblog) (via netodee, netodee) (via reblogeek, reblogeek)


本を書くのはたいへんなこと……だけど。

「もっと学んでから書き始めよう」などと思わなくてよかった。

「すでに優れた本がたくさん出ているから、自分はもう書く価値がない」と思わなくてよかった。

うまずたゆまず、自分にできることをできる範囲でいいから、手抜きをせずに、こつこつと続けてきて本当によかった。

ほんとうに、つくづく、そう思う。

「もっと学んでからにしよう」と思わなくて、本当によかった(日々の日記)|結城浩|note (via el-j-clipping)

(via el-j-clipping)


“野生動物って基本、ダメージ受けてても元気なフリするんですよ。弱ってると狙われるから。ポジティブなポストで埋まったフェイスブックの記事見るたびにそれを思い出すんです”

(via y-haruka)

とすると、弱さを見せられるのがShortNoteかな

(via kotoripiyopiyo)

(via tabo)



“今の彼は、迷惑で有害なニセ医学をネットで喧伝しつづけるトンデモ医者です.
ですが、初めてツイッターでコミュニケーションをとった頃の彼は、自分が、「普通の医者」ができないということに悩んでいましたけれど、それ以外に、「普通の医者」と大きな違いはなかったように思います。
では、何が、彼を、いまのような彼にさせたのでしょうか?”
Hideaki Takata - 内海先生の件。…

“そのうち、彼が少し変なことを言うと、それに共鳴してリツイートする人たちが現れ、彼のまわりに、「いろんな医者にかかったけれど、あまり良くならない」とか、まあ、そんな経験を持つ人が集まりだして、いつのまにか、彼の周囲に、医者に不信感を持っている人のコミュニティができ始めました。そうこうしているうちに、信者と教祖のような感じになり、彼も、徐々に、普通の医学から見るとずいぶん変なことを言う頻度が高くなり、さらに、それに共鳴する、よりエキセントリックな信者が増えてきました。” Hideaki Takata - 内海先生の件。…

Page 1 of 954